FC2ブログ

Entries

納豆物語

納豆物語
国産の大豆は高いので売れません。売れないものは造らないのが大手の姿勢です。零細企業は大手のできない隙間を埋めことで、店主自ら職人として農家とともに、こだわりの納豆を造り続けています。大豆の生産者、畑、豆を観てその年の気候、その日の気温を頭に入れ。お客様の顔を想いながら機械では測れない微妙な変化を肌で感じ、体で造るのが匠の技なのです。心で心に訴える、『納豆一本道百年』のお勧め商品です。

今は噛むのが苦になったのでしょうか、小粒の納豆が売れます。豆に携わる職人さんは水はけの良い畑で栽培された栄養の行き届いた大粒の豆が一番美味しいと評価しております。その大粒の国産大豆を柔らかく煮て造った納豆を2パック、中粒を1パック、引き割り1パックをあえて『納豆お楽しみセット』として3種を組み合わせました。
市販の専用のタレをつけましたが余りお勧めいたしません、納豆の味が失われます。添付の天然塩か、お客様のお醤油で納豆本来の味を楽しみ下さい。

最近、大手のスーパーが    『販売価格二割ダウン』今まで暴利をとっていたのか。
   変だと想いませんか?
生干しの『真あじの干物』
      20%OFF
100gあじを乾かせば63gになります。乾かさなければその分安く出来ます。
味噌にを水分を含ませれば目方がかかります。
100gの肉から130gのハムを造る。
保水剤を入れれば、ジュウーシーになる。

昭和33年頃子供たちの小遣い稼ぎの仕事は缶殻集めでした。炭俵を引きずりながら、缶からを集め、重量の増量剤は何だと思います。
誰が教えたのか、溶鉱炉の中は石ころだらけのはずです。

電柱で電気工事をしていれば、口を開けて上を見ている。銅線の切れっぱじが落ちて来れば、争って拾い、石ころの上に巻きつけて行く。
増量剤はそこら辺に落ちている、ただのもの。
今も考えることは、同じかも・・・・・・・。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ebikanisakana.blog97.fc2.com/tb.php/95-892e0860
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
お買い物はこちらから

Extra

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ebikanisakana

Author:ebikanisakana
東冷フーズのブログです。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる