FC2ブログ

Entries

 『その時に……』 お彼岸の読経が聞こえてきた

男鹿
 『その時に……』 
   お彼岸の読経が聞こえてきた
前後の言葉も意味も思い出せないが、
 うんざりしたほど、知事を叩いている。
  父は50歳で脳溢血で右半身不随になった。
 高校一年の夏のことである。72歳で肺がんで亡くなった。
  20年経過して分かったことは
    ”人間そう簡単には死なないもんだ”と思った。
父親を95歳で亡くした友のお悔みに行った時の話である。
『田んぼの水も何もかもが昨日までお任せ・・・・』
「それでが・・・・ 」
『なんぼなっても頼るもんだよ・・・・・・・』
「子供のために早く クタバラネバ・・・・・」
『なんぼ何でも、餓鬼のために早くはくたばりたくネエ』

いつ死んでも可笑しくない、親の帰りを待っ。
        指示を仰ごうとして連絡を取るが・・・・
その時に、若い者は何をしてた・・・・・
ただ、待ってたのか・・・・・・・
 俺も待から、お前も待て出しゃばるな・・・
皆、マツコになろう、マツコになろう・・・とは。
”一人ぐらい、いつ死んでもおかしくない親を
    当てにしなかった職員はいなかったのか・・・・”
親不孝めが、いつまでこき使うんだ。

それが問題なんだ。
 問題にするべきなのに・・・・・
  何だこのざまWaa・・・・・
若者にはチャンスだったんだ  
もし、動いて失敗したら褒めてやれば良い。
  尻の重い、動かない者を怒れば良いのに・・・・・。
そんな老人もあの世へ行って
        一人もいなかったのか・・・・・・?

              試された秋田県人会より



  

1件のコメント

[C72] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2018-03-05
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ebikanisakana.blog97.fc2.com/tb.php/541-74ab772b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
お買い物はこちらから

Extra

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ebikanisakana

Author:ebikanisakana
東冷フーズのブログです。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる