FC2ブログ

Entries

あきたこまち が 実る秋。 あなたはミノルさん? それともシイナさん?


手前は『あきたこまち』 左奥は『伊勢ひかり』 という品種
同じ時期に植えて、育ち方が異なります。
 背丈、穂数、実数、実の姿も異なります。
     多聞、味も異なるでしょう・・・・・? 
         当然、名前が異なりますから・・・・!
猫をゴッピキ飼って(出社する猫に餌をあげていたら、
  お礼にとサンピキくれました。置いて行ったのです。)
猫はネコだと思っていたら、皆性格が違うのです。
行動の仕方に育ちが現れるのです。警戒心の強いのもいる、
ドジなのもいる。鈍いのもいる。泣かないのもいる。
当たり前のことだがその当たり前が面白く勉強になった。

同じ肥料と同じ量の水と太陽を与えれば、
           同じく育つと思って待つ事今日9月10日。
同じ田んぼに植えたが、こうまで違った姿になってきた。
なるほど、この年になって分かったことがある。
当たり前と言われれば、当たり前。当然と言えば当然のこと。

同級生は228種類の”古代米”を植えて、農家に昔の農作業
  の仕方を見せ医療を趣味にしている内科医がいる。
       患者に手伝わせて本業を楽しんでいる。
刈り取っては幼稚園に持っていくとか、
背丈は10センチから2メートル、穂の色も色々、
              実のひげも色々の長さと色。
       花瓶に刺せば、珍しい”稲穂の枯れ花”である。

同じ種の中から『突然変異』で異種が生まれるとか・・・・・?
好きで異種になったのではない、明日の環境に生きるために
種を残すために変わらざるを得なかったのです。
住む森の木に食べる実が無くなったから、木を降りて
     別の森まで走らなければならなかったから
            二足歩行になって走ったそうです。
困れば、考える。野良は生きるために頭脳を使っている。

人間の成長するために、野良の環境が必要か・・・・・?
   猫も人間も稲も変われる者の下地は黒である。

若い時の流す(年齢に関係なく人のために動ける者)
  汗と涙に何故、ナゼ、なぜの問の連発は自分を育てます。
人のために涙する者は皆若い・・・・・・!
        そんな人の心は綺麗で、私は大好きです。
乱文乱筆意味不明でお休みなさい。
                         姉 崎

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ebikanisakana.blog97.fc2.com/tb.php/446-93f91dac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
お買い物はこちらから

Extra

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ebikanisakana

Author:ebikanisakana
東冷フーズのブログです。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる