FC2ブログ

Entries

どんな紫陽花がお好きですか! こんな あじさい・・・・


どんな紫陽花がお好きですか 
                 こんな あじさい・・・・

鳥海町から羽後町向う途中脇道に入り、
      セミの鳴き声を聞いた。
         昔聞いたことのある大合唱である。
久しくこのような林の中に入り込んだことが無かった。
自然にどっぷりの時間・・・・・・・

こんな茂みの中に”紫陽花”
   これが一番似合う、西洋紫陽花では
   人間の匂いが強すぎるような気がする・・・・

              山里の紫陽花・・・・・

車海老フライ 、ずわいかに爪フライ 人数に合わせてご注文頂けます。


   車海老フライ ずわいかに爪フライ
                人数に合わせてご注文頂けます。
10本入り、10個入り
  二人家族、三人家族では喧嘩の種・・・・・・・
使い切り、食べっきりの本数でご注文・・・・・
                    冷凍庫に残りません。
イカフライ2本、豚ヒレカツ4枚 などと
    車海老フライ 3個、
         海老ふらい3枚、
          ズワイカニ爪 2本とか数でご注文下さい。

                  そんな時代になりました。

                  東冷フーズ 海老フライ 発送係より

もらって嬉しい ”売られていない本物”


貰って嬉しい ”売られていない本物”
東冷フーズを知らない人は写真の
      ” 車海老フライ ”を100%食べたことかない人です。
本物を売っても見ただけでは衣の中身は分かりません。
値段を見て買うのでしょうね・・・・・・・・

三越デパートの地下で 
一尾100円の” 車海老フライ ”を売っていたとしたら、買いますか?
中身の事をどう思います。『 小さい車海老 使用 』と
500円だったら、三越だったら当然と思うでしょうが・・・・
  秋田の田舎のスーパーマーケットだったら、不相応
   三越でも扱っておりません。
阪神阪急の” キッチンエール ”なら扱っております。
   天然 くるまえびフライ です。
  』 というものがあります。
弊社は過去に
   帝国ホテル のアイスクリームを販売させていただきました。
美味しさに驚かれるはずです?
   本当にそう思います。

                        一度お召しあがりください。

また逢えました・・・ カエルという名の蛙に


また逢えました・・・ カエルという名の蛙に
何時も今頃の季節、玄関の紫陽花の葉の上で
      動かない蛙君と話すのが日課となりました。
その裏には蝸牛が・・・・・・・
  ”去年もお会いしましたっけ・・・・・”
”青蛙君は去年は・・・?
     今年の新カエルさん・・・・・・”
青ガエルは二年目は ”・・・・かえる” になるの?

人の顔を見ても逃げなかった青蛙が・・・・・  速い
ササ ササ ささ サササ  ・・・・・
  先には”黒い蜂”が・・・・・・  食べました・・???? 
胃袋から刺されて、角が出はしないのか・・・・
毒は・・・・・・心配
               カエル想いの観察でした。

”ちょっと・・・・・お遊び”  道の駅で買った夏野菜に


”ちょっと・・・・・お遊び”  道の駅で買った夏野菜に
お父さんと二人の夕食に
 ずわいかにの棒肉をのせてサラダにしてみました。
 夏の夕暮れ時・・・・、簾から除く水の打たれた庭
    幸せを覚えさせる・・・・・・・ 弱風 ちりん チリンチリン

            静かな夏の風景でした。
    

電話を掛けて直ぐに配達して頂きました。
     市内なら…・・無理が聞くようです。
            蒲鉾でないのが嬉しいです。
                            チリンチリン

何時か見た花・・・・・・!


何時か見た花・・・・・・!
生まれ育った 畑、庭に咲いていました。
 今頃、お盆にお墓の花として使われておりました。
桔梗、女郎花・・・・?????
  ”オミナエシ”を変換したら”女郎花”とある。何故か
  浄閑寺と永井荷風を思い出しだされる。
名の無い雑草はない”と天皇陛下は研究されているとか
この花は何という名前でしょうか?
見覚えのある花の株を分けてもらったのは・・・・・
            思い出すことがあるからでだ、
13日の墓参りの帰りお寺に”番傘”を忘れてきた、
あの時代は貴重な傘 、
  竹と油紙とたこ紐と少々の金具で作られた貴重であった。

お寺に取りに行くのに、父はこの花を一束持っていった。

暮れかけてきたころである。
     なぜか、このことを想いだす花である。

                             おわり

ちょうちょうさんの朝ごはん  盛夏


ちょうちょうさんの朝ごはん  盛夏

昨日の夜に
   夜中に・・・・・・・・ 
               思った。

 ”  明に眼を閉じ
        闇に目を開ける   ”
”どくだみ”の花も終わりになってきました。
この花の”白さ”を語る作家、画家、哲学者・・・・等がおります。
”クチナシ”花びらの白とも異なり、深みはそれぞれ・・・・

どくだみの花と葉は絵になります。
         一輪挿しに・・・・・・・・・・・して
猪口で老いた唇に酒を運びながら
          想いに更け沈むのも夕焼けの橙の雲は
時の流れをみせる、
無風の夕焼けの一時の静けさの風景・・・・・・・・・・・

花には蜜が・・・
   ”どくだみ” にも・・・・・・・・・・・

この花の咲く頃はお盆
   昔は提灯を下げての墓参りでした。

                     遠い昔の想いで。
                                おわり

販売休止の その後 ・・・・・・!不満足でした。


販売休止の その後 ・・・・・・!不満足です。

うろこトレッチャー4D型の販売休止 の
         その後は再開です?????
2016年に某会社に製造販売権を渡し、
  ”腱鞘炎撲滅運動”をお任せいたしたのですが、
         期待外れの新商品の販売になりました。
大不満足です。大人のやることはこんなもんです。
  大人でも色々、背広の下のパンツの色は見えませんが
   脱がせれば観えます・・・・・・・
    『・・・・・・・ 無色です、期待の色は塗られておりませんでした』
          出戻りです。
   今度はアイデアを売る子とにいたしました。


うろこトレッチャー4D型の販売休止
申し訳ありませんが4月まで販売休止をさせていただきます。
4月には案内できると思います、楽しみにしてください。

このうろこ取り機のパンフレットは東京シーフードショーで
            3日間で100枚ほどを配布いたしました。
その中の一枚は、有名なうろこ取り機を取り扱い故障の多さに、
     代替機を探していた会社の社長の眼に止まったのです。
そして、皆持っていかれました。嬉しかったです。

生まれつき、病院通いの多い迷人と魚屋さんの変人を交互に
  2.kの真鯛、銀タラ、からすカレイ、金目鯛、なめた
     各2尾を用意し撫でてもらいました。
  迷人をも使ったことのない二人でしたが、
    秋田に来る前に金目鯛で練習したそうです。写真を見ました。
  二人は”うろこトレッチャー”を動かし、私は初めて迷人をまじまじと眺め、
     初めて680gのハンドルを握ってみました。
      噂は聞いておりましたから、恐る恐る握ってみました。

うろこを取るまでもなく、
     モーター音と刃先の回転速度をみて
同種の機械を作る東冷フーズの機械考案者としては安心いたしました。
数段の格の違いを感じます。あれは”おもちゃ”です。
戦場では使い物になりません。比較対象外の代物です。

お待ちください。
満足する  うろこ取り機 が出ます。

残念ですが、出ませんでした。

今なら ” 後悔魚 ”のお刺身が付いております



お世話になります。
うろこ取り機に興味ありませんか?

機械屋さんではなく、魚屋さんが作った機械に興味ありませんか?
最近は ”タスケール” が発売されました。
回転刃付きの持ち手の重量は500g~680gと鉄アレー並み

弊社の面々は使いません。

片手はふさがり、手を離せば落下・・・・・・!、
頑張って腱鞘炎になって、”退社”です。そして『人手不足』
お笑いです。
” わざわざ溺死する機械を買って
貴重な社員を潰して二代目の大人面 ”

魚屋さんの肉体的苦労を知らないから、
昨日入社した苦労知らずのお兄さんの
もっともらしい意見を聞いて・・・・・・?
『 売れない。  台しか 売れない 』 物を作ってしまいました。

そして、出戻ってまいりました。製作販売権利が・・・・・・・

買いませんか、
生きのいい獲れたての後悔魚が付いております。


東京シーフードショウに出展したのは三年前の8月、
人件費の計算をしても1千万円は安いもんです。
後悔魚のお刺身が付いております、
新鮮なうちに ”本さわび” でお召し上がりください。


” ウロコトレッチャー4D ”を検索してください。


                       乱文にて失礼いたします。


腱鞘炎撲滅運動家

     東冷フーズ    姉崎 英資
お買い物はこちらから

Extra

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ebikanisakana

Author:ebikanisakana
東冷フーズのブログです。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる