FC2ブログ

Entries

座ってもできる 電動うろこ取り機  

うろこトレッチャー4D 座り

座ってもできる 電動うろこ取り機
他社商品の”お客様の声”です。

 何よりも殻付き牡蠣のクリーニングが早く楽になったが、長時間の使用は手に疲れがくるのが難点かな?また故障も少し多いように思います(使用者の取扱いが悪いかも)
素晴らしい機会です。

≪ドリルの刃を折らないように使う法方≫
ドリルの細い刃を使って、穴あけする場合は慎重に扱い過ぎて、低速から刃先を穴をあけようとする位置に当てがって回転数を上げながら強く押し当てた瞬間、刃先が折れてしまうことが多いですが、相手が固い場合ほど高回転数にしてから当てがった方が折れにくいです。急な無理が掛からないからです。

牡蛎殻をクリーニングをする場合は高回転数で刃先でなでるようした方が、刃先やモーターに負担がかからず、故障の原因をすくなくすることができます。
うろこトレッチャー4D型 の場合は分速2,500回転で運転し、刃先に強い負荷を掛けないように炭素鋼で出来ている刃先を牡蛎殻の上を転がしながら、フジツボなどを掃除してください。

水流しOK,馬力のないモーターでは
     負荷がかかり過ぎで故障の原因となります。


あなたの使い方が悪いのではありません。
           無理な機械なのです。
       歯医者さんが使用する機械の発想です。
これが唯一 “ 腱鞘炎 ”とは無縁の
    “ 電動うろこ取り機 ”と呼べる機械です。
             うろこトレッチャー4D型
お好みの回転にセットし、手元スイッチを使って駆動させてください。一枚の刃ので計算すれば毎分25,000回転になります。一秒間に400回転、包丁の場合のように左右に繰り返し動かさなくても、ゆっくり移動させる方が早いです。

うろこ取り 早い 疲れない


うろこ取り 早い 疲れない
これが唯一 “ 腱鞘炎 ”とは無縁の
“ 電動うろこ取り機 ”と呼べる機械です。
うろこトレッチャー4D型

からすがれい 500/1000g 13kgx3 ケース 60枚
        片面のウロコ取り時間20秒、一尾40秒で
総秒数2400秒/60秒=40分
  中に動力の冷却休憩時間、魚の移動時間を挟んでも
      飛ばないように 普通の速度、60分で終ります。

真鯛のうろこ取りには刃先カバーを装着しながら、鱗が付いて見えなくなったカバーを洗いながらできますが、脂のある魚の場合には東冷フーズの場合はカバーを外して、作業することが多いです。

銀タラ、鮭、からすがれい、金目鯛など100%近くにうろこ取り機で仕上げようとした場合は汚れたくない者は左右の手の移動をユックリと急ぐ場合は写真の姿でカバーを外して早く仕上げてます。
カバーが脂で曇ると残っている鱗が見えなく、
          無駄な時間をかけることにもなります。

半分の時間で終えられます、手首の疲れはありません。
” うろこトレッチャー4D型 ”
   これが唯一 “ 腱鞘炎 ”とは無縁の
     “ 電動うろこ取り機 ”と呼べる機械です。

    この笑顔です、疲れてはおりません。
         ハンドル操作に持つ力は必要ありません。
 ※ 30分作業したら、
   加熱防止のためドリルを5分くらいは休ませてください。
 

                  お問い合わせください。
お買い物はこちらから

Extra

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ebikanisakana

Author:ebikanisakana
東冷フーズのブログです。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる