FC2ブログ

Entries

絵の裏は見えませんから、話します・・・


私の絵の手法は
構図を考えてデッサンして、
       色彩を考えてから下塗りをする。
        90%以上は頭の中で完成しています。
100%満足する絵はできなかったです。

毎日、”オーシャンウイスキー”を
    チビちびと飲みながらにらめっこしておりました。
サントリーの角瓶が流行っていたころでした。
渋谷の駅前、ハチ公の尾っぽの向こうのビルの5階の
大きなカウンターバーでは、馬鹿もチョンもウイスキーの水割りか
ストレートを飲んでおりました。
その後の流行は”ジンライム”・・・・・・・
     ”おつまみ”は可愛い顔をした女の眼でした。

  それが昔、昔の盛り場の私の風景でした。

今、手元に残っている絵は4枚だけ・・・・・・・・
    裏を画けるようになれば、一人前とか・・・・・・
            まだ、2文の1人前です。

  淡きブルーの時代の思いでより                    
                         終わり

電動 うろこ取り機   参考になる比較表

比較表
電動 うろこ取り機  
            参考になる比較表

うろこトレッチャー4D型は
実用 新案特許を取得をしておりますが、
  昔の人もこのようなことを考えておりました。
4月の日曜日の朝7時ころのNHKのテレビで
     埼玉県秩父東村山の
      『…和紙すき工房』を放映されてました。
若い、女性の修行話です。
箱の ドロドロ をすくう舟の四方が紐で、
           天井の竹棒に結ばれておりました。
竹の弾力の力を借りていたのです。
 水を含んだ和紙と舟の重さは軽くはないはずです。
考えることは同じです。
同じ数の汗を流せば・・・・・・
  同じ数の苦労すれば・・・・・・・・
到達点は似たようなところにたどり着きます。

うろこトレッチャー も古くて新しい技術の塊です。
 体の小さい魚屋が竹棒とドリルの助けを借りて
         組み立てただけの道具です。

前の うろこ取り機械 は失敗でした。
  理由は 機械屋さんに丸投げしたからです。
     楽をしようと思ったから、縦割りの弊害がでました。

”うろこトレッチャー4D型”なら
格好は悪いですが、99%満足していただけると思います。

             創業40年の魚屋より
      お問い合わせください。
             『魚邑』 東冷フーズ まで

壊れない・電動うろこ取り機 ウロコトレッチャー 4D型

うろこトレッチャー4D 新-3
壊れない・電動うろこ取り機
    壊れない、壊れにくい・・・・・
       疲れない、疲れにくい・・・・・・・

 壊れない・うろこ取り機  うろこトレッチャー 4D型 を
『軽い』って声を上げてました。
   褒めたのでしょうか?
     何と比較してでしょうか・・・・・・?

これまでの電動ウロコ取り機とは比較はできません。
うろこトレッチャー4D型
これが唯一 “ 腱鞘炎 ”とは無縁の
“ 電動うろこ取り機 ”と呼べる機械です。


         お問い合わせ下さい。

重さはゼログラム "電動うろこ取り機"

ウロコトレッチャー4D 座り-1
重さはゼログラム "電動うろこ取り機"
うろこトレッチャー4D型は
    刃先のハンドルの重さは0gです。

包丁の重さは軽くて120gくらいあります。
この重さを持ち続け、左右に動かし、うろこを取る。
     手首には大きな負担がかかります。
今、お使いの 電動うろこ取り機 のハンドルは何gですか?
  ”うろこトレッチャー4D型”は
何とか 0、ゼロg です。
刃先をうろこの上に押し下げるだけでOKです。
  これこそが、腱鞘炎から手首も従事者をも守る
         ” 究極の電動うろこ取り機 ”です。

今の秋田美人も、元の秋田美人も使いこなせる、
    ” 疲れない うろこトレッチャー4D型 ” です。

お問い合わせは
     東冷フーズ 姉崎 まで
          販売価格は60,000円くらいです。

車海老フライ


天然車海老の一大産地は
   ” 台湾海峡 ”の大陸棚です。
前は”台湾産”がありましたが、今は”中国産”になりました。
なぜ、台湾産がなくなったのか?
           国交の問題もありますが・・・・
中国が人件費が安かったから、加工場を中国に移転・・・・
中国産を嫌う人がいるようですが、産地は
  綺麗な青い、青い海で獲れているようです。
行ったことがありませんが、
       日本人の輸入担当者が話しておりました。
   この人は天然の漬け魚しか、要求しません。
           孫が喜んで食べるそうです。
『 北のさかな、しっぽでいいから…… 』
       シッポばかり送れますか・・・・・・
うれしいことです。
   和やかな家族の顔が観えてきました。

安心してください、私もお客様のを和やかな家族を
            思いえがきながら販売しております。
天然 車海老フライ、海老は最高に美味しいです。

                            終わり
お買い物はこちらから

Extra

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ebikanisakana

Author:ebikanisakana
東冷フーズのブログです。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる