FC2ブログ

Entries

胸ぽけに櫛・・・・

銀たら味醂2枚-7
8月22日は有名な”大曲の花火大会”があった前日の
東京から帰って来るときの新幹線の中での出来事、
金曜日夜7時20分発、秋田行き”こまち号”の車中風景である。
99%が秋田県に行く人たちであると思った。
私の座席の窓側の席には去年短大を出て就職したと
 思わせるような娘さんが座り、スマホをいじっていた。
その指先の爪には、色とりどりのマニキュアが塗られ、
今でも作られていると思うが動物の形をしたビスケット
に塗られた色の付いた砂糖の・・・・?
        ”幼稚菓子”を思い出させた。

高校の入学時、男は皆がボーズ頭であった
   色気づいてくると1分刈から二部刈と長くなり、
    5部刈から角刈りになり、卒業のころになると
          胸ポケットに櫛が差し込まれていた。
色気付くと木綿の学生服からナイロンになり、
       白いワイシャツを下に着ている者もいた。
何時までも、5部刈り止まりの者は
         夏でも黒い学生服を着ていたような気がする。
学生服の下は、Tシャツか裸であった。
”Tシャツ”は白の半袖の下着、白色以外はない。
     ましてや、字なんか書いて物なんかなかった。
色がついているとすれば、垢で黄ばんでいた下着
パンツと言えば”ふんどし”のこと、
      今はズボンのことをいうが、白色しかなかった。
替えズボンは尻(ケツ)の擦り切れを端切れをあてがい、
     補修したものと二本を持っているのが
            普通の日本の風景であった。

先日、60年ぶりで一年生時6部刈り”の君にあった。
あの頃と変わってなかった。
  胸ポケに茶色の櫛、髪の毛もまだあったが、
    分け位置が随分右肩に下がっていた。
     まだ弱風の中なら夏でも見られる、雨はいけない・・・・
少女に見向きもされなかった友は
  一歩前進し、頭の中(脳ミソ)に櫛を入れて医者になった。

隣の彼女も脳ミソにマニキュアし、金、銀、銅の黄な粉をかけて、
    飾って、心の美人になって欲しいと
  ”めくれ上がった睫毛”と”車窓の景色”を
           楽しみながら”ウツラウツラ”の帰路であった。
     秋田美人を横目で観て楽しむ
                     秋田変人より・・・・・・

うろこトレッチャー の売り込みで有明へ・・・


          実用新案登録第 3197529号
    完成いたしました
ユーチュブ
うろことり 鯛2分
をご覧ください。
去年の10月でした。
県北の漁協に目鯛のフイレを作ってもらっておりますが沢山の鱗がついております。
忙しいから完全に除去していられないだろうなあ”くらいに思っていたのですが、理由を知りました。
木の握りにボコボコの突起の付いた家庭でも使う器具です。もう一社も同じものを使っておりました。
スーパーで鮮魚経験のある人にも聞きました、そこでも同じ器具です。
27年経験の板前さんにも試してもらいましたが、身割れ、皮の傷などの問題は無いとのことでした。
一日にこんな量の魚を捌いた経験はなかったようで、“手でボコボコを使うんなら三日で腱鞘炎、とっくに辞めております”とのことでした。
私もそう思います。馬鹿らしくなってきたから、楽をしようとして考えたのです。そして、“良く、我慢強くやっていんな”と感心しての販売になりました。
機械の特徴
うろこが取れる、早い。
   長時間の作業にも疲れがない。
     作業員の定着。
Ⅰ、壊れにくい。
  Ⅱ、刃先の水洗いに強い。
    Ⅲ、修理が簡単、短時間。

お問い合わせの質問の第一声は
      『壊れませんか』  でした。
返答は
単純だから、壊れようがないです。故障と言えば、ワイヤーの破断ドリルのカーボンブラシの摩耗くらいで、ワイヤー交換は5分、刃先の水かけOK。毎日4時間動かしても刃先に負荷をかけなければ、年2~3本の交換で済みますよ
魚屋として、毎日長時間動かしているから言えることです。

  希望小売価格 
        250,000円(税抜、送料無料)

”わたし”を売りに車海老フライが有明に・・・・


魚邑”の『銀たら味噌漬』を展示し、
10時から5時まで呼び込んでおりました。
反応は……」
良い商品を捜して来るように、
    卸先?より求められているようです。
    何社かありました。
そして、『魚邑』商品が目に留まり・・・・・・・

見れば、わかるんですね・・・・”
     ”おっ魚屋さんだよ・・・・・・・”
しっ礼いたしました・・・・・・・”
安いのをくれっていうから、売ってたら・・・・
   今度は美味いのをくれってよ・・・・・
    これの見積をくれ・・・・・”

安くないすよ・・・・・”
分ってるよ。だから、これなの・・・・・”
むーとした面(つら)して
俺、魚屋の仲卸・・・・この人、荷受け。
         ”○○デパートの要望だよ

はい、帰ったら即急に・・・、正月に・・”

  江戸っ子は話が早い、
      最後は横目で笑顔の確認・・・・
               有難うございました。


   東冷フーズ・・・車エビフライより

第17回『ジャパン・インターナショナル・シーフードショウ』に出店してます。


8月192021日の三ッ日間、
東京有明で呼び込みをやっております。
 

『うろこトレッチャー』を2台従え、
    『魚邑』の漬け魚の切り身を22種持ち
         赤魚の”うろこ”飛ばしをしております。

是非、遊びに来てください。
このブログを読んだ、という方には赤魚の獲りたての
            うろこを一枚進呈いたします。

お待ちしております。
  後日、報告いたします。
                  秋田の阿呆より

『魚邑』 東冷フーズ製造の漬け魚のブランド名

I魚邑パンフ白
創業38年になります。
  昭和52年から”魚邑”ブランドの
     漬け魚を立ち上文字色げたわけではありません。
最初は他社の商品を仕入販売をしておりました。
原料価格が上がった時には
  一枚当たりのグラムが減るとか
      産地が変更になっているとか
知らない内に操作されておりました。
市場卸かスーパー卸なら許される、普通のことですが
東冷フーズの場合はそのような小手先の変更は許されません。
お客様とは直接販売、信用が一番大事なことで、一番の原料で作る。
無理になったときはお客様に案内を出す。
これが弊社の姿勢です。
出来るだけ、添加物を使わない味噌を作り、商品の原料にこだわる。
安い物は安い理由があります。
高い物は良い理由があり、高いのです。
当然、です。安くて良い原料はありません。
   良い原料は美味しいです。
       美味しいから高いのです。

何があっても、原料の品質を変えない、下げないで
  作り続けているのが『魚邑』ブランドの漬け魚です。
一度、お召し上がりください。
最近は法要に使われるようになりました。
  形で残らない品が使われるようです。

ホームページが新しくなりました。
スマホでも綺麗にみれるようになりました。

商品をお求めの方はメールか、お電話で注文くだされば、
          昔若かった女性が対応いたします。

秋田価格での得点があります。

        宜しくお願いいたします。
             昔は若かった、男より・・・・・            

あげてあります。新商品

フライ 揚げるだけでOK
揚げてある車エビフライ』と『本ずわいかに爪フライ
ネーミングは難しいです。
”手抜きセット”とは手を抜くのは誰なのか?

前々から、要望はありました。
「揚げたてを食べて・・・・・、
             その方が美味しいですよ・・・・」
車海老フライを美味しく食べる。
美味しく 食べて欲しいから、作らなかったんですが、
これだけは頭に入れて、胃袋に治めてください。
豚カツ屋産行って、「豚カツ」を食べることが最近は少なくなりました。年のせいでしょうか、一人前を食べれなくなりました。
残りは四足の守衛さんにお土産にしてもらっております。
一切れでは悪いので、三切にしてますがキャベツまで入れて包んでくれます。
あのバカ、飲み込みが早く、良く噛んで味わうことはありません。
内にはあれだけ飲み込の早い二本足はおりません。
人間とは、歯の形は違い味わう口になってません。

油の温度は160度くらい、余熱で火を通す感じで油から上げるのが”コツ”です。
切り口が”桃色”が一番の食べごろ、火の通し過ぎは硬くなり、身が縮まります。
海老フライ、かに爪フライも余熱で・・・・・・

ほんのり、ほんのり温めてから
           お召し上がりください。
奥様の手料理にはかないませんが・・・・・・・・
お買い物はこちらから

Extra

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ebikanisakana

Author:ebikanisakana
東冷フーズのブログです。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる